クレジットカードの現金化の危険性に関して

前回の「クレジットカードのキャッシュバック方式の現金化について」では、お金に困ったときの現金化の仕組みについて書きましたが、すべてが安全ではありません。

そこで、今回は、現金化の危険性について説明したいと思います。
一体どんなリスクがあるのか、知ってて損はありません。

危険度1.クレジットカード自体を、解約させられてしまう

クレジットカードを現金化する行為は、法律に触れる問題ではないのですが、クレジットカード業者側が、きちんと決定している、規則そのものには、 明らかに違反しております。

なので、もし仮にクレジットカードの現金化が、明確に判明したケースでは、大切なクレジッカードを、ほぼ強制的に、忽ち解約させられてしまいます。

現在は、クレジットカードを、現金化する行為を、正確に見極める技術力が、どんどんと進化して来ているので、直ぐに分かってしまいます。

例として、キャッシング枠を全て使用仕切った方が存在したとします。

今までに電車の回数券を、買った経験がなかった人間が、突然チケットを購入して、キャッシング枠を利用していたら、やはりどう見ても変ですよね?

上記のような場合でも、契約している、クレジットカード会社側では、様々な形での、正しい情報やデータなどを、上手く集めている為、少しでもおかしい行動を取ったのであれば、絶対に知られてしまいます。

危険度2.利用した金額の、一括返済を強く要求されてしまう

クレジットカードの現金化が、確実に浮き彫りになり、クレジットカード業者へと、完全にバレてしまう事によって、カードは敢えなく、強制解約させられてしまいます。

それだけには留まらずに、これまでに使用した利用金額を、全部一括で返すようにと、強く求められてしまいます。